コストコのSWOT分析

コストコホールセール株式会社は、会員制倉庫の国際チェーンです。 コストコは、全国的にブランドとプライベートラベルの製品の限られた選択を提供しています。 コストコは、それが強力な会員更新を持つことができ、その忠実な顧客に魅力的な価値提案を提供しています。コストコは、米国、カナダ、その他8カ国で事業を展開しています。

目次

コストコのSWOT分析における強み :

価格ポジショニングは、顧客の忠誠心を与える:コストコの市場シェアを獲得するための価格リーダーであるという戦略。 これは、業界平均よりもはるかに低い15パーセントのマークアップによってサポートされています。 これは顧客に印象的な価値提案を提供し、より高いfootfallを奨励する。 これは市場占有率および顧客の忠誠を高める。

コストコのSWOT分析

安価操作:コストコは最低の費用および最大出力を達成するためにプロセスすべてを最大限に活用した。 同社はまた、その流通ネットワークを合理化しています。 これは、同社の価格ポジショニング戦略をサポートしています。

サステナビリティへの取り組み:当社は、持続可能で環境に配慮したビジネスを開発するための四つのアプローチを維持しています。 4つのアプローチは、二酸化炭素排出量の削減、倉庫のエネルギー管理システムの強化、パッケージデザインの取り組み、廃棄物の流れ管理システムの開発に焦点を当てています。

コストコのSWOT分析

コストコのSWOT分析

コストコのSWOT分析の弱点:

限定製品の選択:米国の他の大規模小売店と比較して、コストコの倉庫は製品の数が少ない。 平均して、コストコは倉庫に約4000の製品を在庫していますが、ウォルマートは約50000の製品を在庫しています。 限定製品の提供は、会社の競争上の不利な立場として機能します

地理的依存性: 米国とカナダは、同社の純収益の80%以上に貢献しています。 これは、市場での新しいプレーヤーの出現や景気減速の面で、会社に脅威を与える可能性があります。

製品のリコールは評判に影響を与えます:2015年、コストコは大腸菌毒素の発生株のために、米国のすべての店舗からロティスリーチキンサラダをリコールしました。 これはコストコからの売却に影響を与え、そのような事件は会社の評判に影響を与えます。

コストコのSWOT分析における機会:

オンライン成長 : コストコはまた、世界中で強い成長を見ている電子商取引で強い存在感を持っています。 これは、オンラインショッピングの業界の成長によって駆動されます。 電子商取引業界は、より高いレートで成長すると予想されます。

プライベート-ラベル-ブランドの需要の増加:米国のプライベート-ラベル-ブランドの全体的な需要は、コストコがプライベート-ラベルの範囲を提供しているため、プライベート-ラベルの需要の伸びの傾向を活用することができる。

家計所得水準の上昇: 世界の家計所得水準の上昇は、同社の全体的な収益の増加に役立つ可能性があります。 需要は、家電、食品、飲料、衣料産業で特に成長する可能性があります。

コストコのSWOT分析における脅威:

人件費の増加:コストコは低コストモデルに取り組んでいるため、コストの上昇は収益性に大きな影響を与えます。 米国およびその他の市場での人件費は上昇しており、同社の収益モデルに影響を与えています。

: 同社は、Walmart、Target、Krogerなどの業界の巨人の存在下で運営されています。 これはコストコの市場シェアを制限し、したがって成長も制限します。

インターネット小売業者:アマゾンのようなインターネット小売業者の巨人は、小売店の店舗販売に直接影響を与えるため、現在および将来の業界に対

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。