コンテンツサービスとは何ですか、それはあなたの技術の選択にどのように影響を与える必要がありますか?

2017年1月、GARTNERのMichael Woodbridgeは、ECMの死とコンテンツサービスの誕生でこの宣言でコンテンツ管理の世界で少し波紋を呼んだ:

ECMは、少なくともGartnerが市場をどのように定義しているかでは、現在死んでいます(kaput、有限、元市場名)。 これは、コンテンツサービスという用語、すなわちコンテンツサービスのアプリケーション、プラットフォーム、コンポーネ

まあ、ECMは本当に死んでいますか? 私は確かにそうは思わない。 しかし、組織がコンテンツで何をしているのか–多くのDocuWareの顧客がコンテンツで何をしているのか-は、従来の定義を上回っています。

業界団体AIIMはこの変更について説明しています:

“引退する”ECMは、コンテンツ管理機能の必要性がなくなることを意味するものではなく、ミッションクリティカルなECMシステムをすべて使い果たしてリッピングする必要があることを意味するものでもありません。 しかし、ECMは、人々がやっている”コンテンツy”のすべてのこと、彼らがどのように近づいているか、そして非常に異なる問題を解決するために存在する また、コンテンツはすべての基幹業務と交差し、その役割はもはやコンプライアンス目的のために孤立した集中型アーカイブに限定されず、”コンテンツは死に至る”という認識でもあります。「コンテンツは日々の意思決定に積極的に参加しており、重要な資産として積極的に管理する必要があります。

最新のデジタル変革市場調査レポートでは、3つのAIIMデータポイントが、「コンテンツサービス」への関心の中心にあると感じている移行を示しています。”

  • わずか3年で、私たちはクラウドを超えて移動しました」転換点。「当初は懐疑的だった組織であっても、10社中8社以上の組織でクラウド機能がソリューションの重要な部分となっています。
  • 組織の70%は、ECMの古いモノリシックモデルを超えて、各プロセスやアプリケーションに必要なコンテンツ機能のみを選択したいと考えています。
  • 組織の92%は、何かを変える必要があり、情報管理戦略を近代化しなければならないと考えています。

Content Services explained

DocuWareでは、この定義が好きです。Content Servicesは、デジタルチャネルを使用して、通常はクラウドを介して、情報をインテリジェントかつ効率的にキャプチャし、適切な人、部門、またはプロセスに送信する方法です。 コンテンツサービスはクラウドに基づいているため、コスト効率と拡張性を維持しながら、ビジネスが変化するコンプライア

もちろん、業界のマーケティング担当者がテクノロジーセグメントに置くラベルは、実際のエンドユーザー組織にとって最終的にはあまり重要ではありません。 私たちがDocuWareで協力している組織は、私たちが提供する技術がドキュメント管理、コンテンツ管理、コンテンツサービスと呼ばれているかどうかをあまり気にしていません。 彼らが気にしているのは、これらの種類の質問です:

  • どのようにこれらの技術は、私たちのビジネスプロセスを改善することができますか?
  • 彼らはデジタル変革へのドライブにどのように役立つことができますか?
  • 最小限の時間とコストとビジネスの混乱で展開できますか?

だから、コンテンツサービスについて考えるとき、それはあなたの技術の選択にどのように影響するべきですか?

6コンテンツサービス次のテクノロジーソリューションについての質問

  1. ソリューションにはオンプレミスとクラウドの両方のオプションがありますか?
  2. オンプレミスとクラウドの両方のバージョンで機能の透明性はありますか? (すなわち、ユーザーの観点から、彼らは同じように動作しますか!)
  3. 従業員のオンボーディングや請求書処理のような”事前設定された”ビジネスアプリケーションはありますか?
  4. ソリューションは簡単に展開できますか? 本当に簡単ですか?
  5. “飲み物で”アプリケーションを購入できますか、それともモノリシックプラットフォーム全体を購入する必要がありますか?
  6. ソリューションはアプリケーション間で動作しますか? (つまり、あるアプリケーションのコンテンツは、それを必要とする可能性のある他のアプリケーシ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。