持続可能性の数学

動物/作物の水需要:ある種の家畜またはある種の作物による水消費量の例を挙げる:

かなりの量の水を消費する家畜の一種は、牛であることが証明されている。 しかし、消費される水の量は、年齢、性別、体重、および牛に存在する気象条件によって大きく異なることに注意することは興味深い。 牛は一日あたりの水の3-30ガロンの平均を消費します。 これは単なる一般的な範囲ですが、寒い天候の間に牛の100ポンドあたりの水の1ガロン、暑い天候の間に100ポンドあたりの2ガロンを追加することによ 全国規模(米国全体を測定)では、牛肉の1ポンドを生産するために必要な水の使用量は、推定1,799ガロンの水であることが証明されています。 これを576ガロンの水で1ポンドの豚肉、216ガロンの大豆、108ガロンのトウモロコシの1ポンドと比較すると、牛肉の生産には膨大な量の水消費が必要であると推測することができる。 これは他の生きている在庫と比較して牛のサイズを余りにみなされていることができる;より大きい動物がより大きい水取入口を要求するので、けれどもまたより多くの食べられない部品(骨のような)を有するので食用の肉の1ポンドを作り出すことは多数の牛を要求する。 この水の使用量はかなり大きいですが、乳汁分泌や毎日飲む牛乳によって得られる牛に必要な水の推定88%が誤解を招くため、少し誤解されています。 それにもかかわらず、家畜に必要な水の使用量は、他のすべての農業プロセスではないにしても、ほとんどのものよりもはるかに大量です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。