私たちのコロラド州の犬の咬傷弁護士は、刑事および民事告発に対する防御を議論する

私たちの刑事防衛犬の咬傷弁護士は、地方自治体および州の主張に対する防御に経験されています

Coloradansは彼らの犬を愛しています;多くの人にとって、犬は忠実な仲間、冒険の仲間、そして家族の最愛のメンバーです。 残念なことに、時にはそれらの忠実な仲間は、人や他の犬を噛むことによって怖がったり脅かされたりする状況に反応します。 したがって、コロラド州の犬の所有者が私たちの州の犬の咬傷法を理解し、ペットが誰かを傷つけた場合にどのように影響するかが重要です。

あなたの犬が人、あるいは他の犬や他の動物に害を及ぼす場合、Robinson&Henry’S Denver、Castle Rock、またはColorado Springs criminal defense practiceの弁護士とすぐに相談を予定することも重要です。 今すぐ予約を要求するには、303-688-0944までお問い合わせください。

コロラド州の犬咬傷に関する改訂された法律

コロラド州の犬咬傷に関する法律(C.R.S13-21-124)厳格責任の法令である;コロラド州の犬の所有者のために、これはあなたの犬が危険だったことに気づいていなかった場合でも、あなたが責任

この法律の下では、次の場合に責任を負うことができます:

  • あなたの犬は、その時に合法的に公的または私有財産にいた人を噛んで、咬傷が重大な身体的傷害または死亡を引き起こした場合は
  • を噛んでいま

この法律は、身体的傷害を”重度の挫傷、筋肉の涙または皮膚の裂傷をもたらす身体的傷害、専門的な治療を必要とする身体的傷害、または矯正または美容手術を必要とする身体的傷害”と定義しています。”

重篤な身体的傷害とは、”死亡、深刻な永久的な外観の喪失または身体機能または器官の障害、または骨折、骨折または第二または第三度の火傷の重大なリ”

それは何をし、カバーしていません:

  • この法律は、犬の咬傷のみをカバーしています; あなたの犬が誰かに飛び乗ってそれらをノックしたが、誰かを噛まなかった場合は適用されません。
  • それは厳密に身体傷害と重度の身体傷害の定義の下でカバーされている身体傷害のみをカバーしています。 精神的または精神的苦痛は、例えば、苦痛が身体的傷害から直接生じない限り、カバーされないであろう。
  • 警察官や軍人の職務を遂行しながら、警察や軍の犬のような働く犬; また、所有者の財産上または所有者の管理下にある狩猟、牧畜、農場、牧場または捕食者制御犬として働いている犬も免除されます。
  • 公有地または私有地に不法にいる人々を対象としていません。
  • 過失に基づいて他の訴訟が提起されるのを防ぐものではありません。

犬の所有者への潜在的な影響

あなたの犬が誰かを噛んで、その咬傷が重大な傷害をもたらした場合、あなたの犬のビットはあなたに対して訴訟を提起することができ、あなたはあなたの仲間のためにかなりの金額または安楽死を支払わなければならない可能性があります。 また、危険な犬を所有するためのコロラド州から刑事告発に直面する可能性があります。

あなたの犬が誰かに噛まれ、訴訟や刑事告訴に直面している場合、あなた自身とあなたの犬の両方を保護するために、できるだけ早く弁護士と話 ロビンソン&ヘンリーの刑事弁護チームが助けることができます。 相談を要求するために私達に連絡して下さい。

Colorado One Bite Rule

コロラド州にはone bite ruleがあり、これは州が犬の咬傷に関する法律を持っていない場合、または州の法律が適用されない場合に関連するコモン 一口ルールは、犬の所有者が彼/彼女の犬は、犬がそうでなければ証明する行動を表示するまで危険ではないと仮定することができます。

そうは言っても、コロラド州の犬の咬傷のための改訂された法律(C.R.S. 13-21-124)は、one biteルールがすべての場合に適用されなくなったことを意味します。 犬の咬傷が重大な身体的害を引き起こす場合、犬の所有者は、犬が危険であることを知っていたかどうかにかかわらず責任を負う可能性があります。

このルールは気軽に一口ルールと呼ばれていますが、これは必ずしも犬が一つの”自由な”咬合を得ることを意味するものではありません。 逆に、噛むことに加えて、犬の所有者に彼/彼女の犬が危険であり、誰かに害を与える可能性があることに気づくべきである様々な行動があります。

コロラド州の犬の所有者は、どのタイプの行動が危険であるとラベル付けされる可能性があるかを認識することが重要です。:

  • 公共の場で犬の近くに来る人々に突進、うなり声やスナップ。
  • 犬が大きく、犬が友好的であっても家のゲストで跳びがちであれば、跳躍に傷害を引き起こす潜在性があること用心深く、わかっているべきである。
  • 人を怖がらせる。 例えば、犬は頻繁にランナーやサイクリストを追いかけたり、歩行者のフェンスの後ろから激しく吠えたりします。
  • 犬が戦うように訓練されている場合、所有者は一般的に犬が危険である可能性があることを知っていると仮定されます。
  • 隣人は不平を言っている。 あなたの隣人、または他の人は、犬がビットまたは誰かを脅したことを訴えている場合は、犬が危険だった知っていると推定することができます。

コロラド州の犬の咬傷時効

コロラド州の犬の咬傷(または犬によって引き起こされるその他の傷害)の時効は2年です。 それは彼/彼女が所有者が傷害に責任があることを信じれば個人が傷害が犬の所有者に対して訴訟を起こすために起こった日付からの二年を過すことを意味する。 噛まれた人が時効が経過した後に訴訟を起こそうとすると、裁判所はその事件を捨てることができ、おそらくその事件を捨てることができます。

危険な犬の所有権

危険な犬の定義

コロラド州の危険な犬の像(§18-9-204.5)、”危険な犬の違法な所有権”は、危険な犬を以下の基準の1つ以上を満た:

  1. は、人または家畜(家庭用ペットまたは家畜として飼われている犬、猫またはその他の動物を意味する)に身体的または重大な身体傷害を与え、または死
  2. は、犬が身体的または重大な身体的傷害を与えたり、人または家畜の死を引き起こしたりする可能性があると合理的な人に信じる傾向を示しています。

この法律の下では、所有者とは、”動物を所有、所有、保有、維持、金銭的または財産的利益を有する、または動物の管理または親権を有する個人、企業、法人ま”

この法律は、危険な犬を所有することを犯罪にしています。

コロラド州の危険な犬の品種

コロラド州の一部の都市では、特定の品種では危険とみなされ、住民がそれらを所有することを禁止されている品種特

以下のコロラド州の都市では、ピットブル品種(アメリカン-ピットブル-テリア、アメリカン-スタッフォードシャー-テリア、スタッフォードシャー-ブル-テリア)が禁止されている。

危険な犬を所有しているための罰則

危険な犬の所有権の有罪判決を受けた犬の所有者は刑事罰に直面し、その重症度は、犬によって引き起こされた傷害または損傷の重症度、および所有者が危険な犬の法令に違反した回数に依存する。 犬が人に身体的傷害を引き起こした場合、所有者は軽犯罪の罰則に直面する可能性があります。 犬が人の死を引き起こした場合、所有者は重罪の罪に直面する可能性があり、罰は急な罰金から刑務所の時間までの範囲で行われます。

これらの罪状は、初回、非加重、非重傷の場合は50ドルから750ドル、および/または6ヶ月までの懲役、および/または死亡の原因となる傷害の場合は1,000ドルから100,000ドル、および/または1年から3年までの懲役に及んでいます。

罰は通常、常に所有者に返還を支払う必要があります。 犬が人に害を与える場合、返還は自己負担の医療費と予想される将来の費用をカバーします。 さらに、被害者は、痛みや苦しみのための損害賠償を回収するために所有者に対して民事訴訟を提起することができます。

犬が他の犬または他の家畜を傷つけた場合、医療費、または危険な犬が家畜を殺した場合、その動物の交換費用または公正市場価値を補償します。

同様に、危険な犬が財産を破壊した場合、所有者は財産の公正市場価値または交換価値の返還を支払う可能性が高い。

多くの住宅所有者の保険は、保険の所有者の犬が過失であっても、犬によって引き起こされた傷害および物的損害をカバーしますが、ほとんどの場合、危険な品種を除外しています。

コロラド州犬の咬傷安楽死

上記の罰則に加えて、危険な犬の法律は、危険な犬を没収し、所有者の費用で公共の動物シェルターに置くことを要求しています。

犬はその後、所有者が有罪を認めた場合、有罪となった場合、または遅延判決または遅延訴追契約を締結した場合、認可された獣医師によって安楽死:

  • 人または家畜の死亡;または
  • 人または家畜の死亡を引き起こす同じ犬の第二またはその後の違反。

所有者は決定を上訴する権利を有しており、上訴する権利が使い果たされるか、有罪判決が成功裏に上訴されるまで、犬は安楽死されません。

危険な犬の所有者の責任

危険な犬が重大な傷害または死亡を引き起こさず、犬が没収されていない場合、所有者は犬を拘束し、州に登録するために一定の予防措置を講じる必要があります。 これらの注意事項は次のとおりです:

  • 犬は脱出防止の建物かエンクロージャで制限されなければならない。
  • 犬が囲いの外にいるときは、綱の上にいる必要があります。
  • 所有者が危険な犬の法律違反で複数回有罪判決を受けた場合、犬が囲いの外にいるときは、犬を黙らせなければなりません。
  • 犬が逃げたり、死亡したり、住所が変わったりした場合、飼い主は動物保護局に報告しなければなりません。
  • 所有者は、認可された獣医師または認可された避難所によって犬に移植されたマイクロチップを持っている必要があり、マイクロチップは、犬が永久に識別できるように、移植から10日以内に動物保護局に報告されなければならない。 危険な犬の所有者は、micro50マイクロチップのライセンス料を支払います。
  • 所有者は、危険な犬が獣医療従事者、犬のグルーマー、人道的な代理店のスタッフ、ペット動物ケア施設のスタッフ、プロの犬のハンドラーまたは犬のトレーナーを含むがこれらに限定されない治療またはサービスプロバイダーに対して有罪判決の対象となっていることを書面で開示しなければならない。
  • 所有者は、所有権の移転前に危険な犬が有罪判決の対象となっていることを新しい将来の所有者に開示しなければなりません。

コロラド州の犬の咬傷に対する防御

危険な犬の所有権で起訴された場合、および/または犬の行動の結果として民事訴訟に直面している場合は、すぐにRobinson&Henryに電話して、刑事弁護業務における弁護士との相談をスケジュールすることが重要です。 賭け金–急な罰金、可能な刑務所の時間、さらにはあなたの犬の人生–を考えると、法律の明確な理解と過去の事件の知識に基づいて防衛を構築するこ

コロラド州における犬の咬傷事件は、コロラド州の厳格責任法またはコモンロー過失請求のいずれかの下で提起されます。 犬の所有者の防衛戦略は、ケースが該当するクレームの種類に依存します。

厳格責任の場合、焦点は犬の所有者が責任を負わないことを証明することになります。 通常、それは事件の時点で以下の状況のいずれかが実行されていたことを証明することを意味します:

犬:

  • は所有者の財産または所有者の管理下で狩猟、牧畜、農場、牧場または捕食者の制御犬として働いていたか、
  • は警察または軍の犬として働いていた。

:

  • が不法侵入していた、
  • が所有者の財産にあり、”不法侵入しない”または”犬に注意してください”と警告する掲示された標識を無視した、
  • が故意に犬を挑発した、または
  • が事件の時点でそれらの任務を遂行していた獣医医療従事者、犬グルーマー、人道的社会スタッフ、犬のハンドラー、犬のトレーナー、またはドッグショーの裁判官であった。

過失ベースのケースでは、一般的に使用される防御は”比較過失”と不法侵入です。

不法侵入防御は、負傷した人が許可なしに、そしてそこにいるための別の正当な理由なしに犬の所有者の財産にいたときに使用されます。

負傷者が犬を誘発した場合、比較過失防御が使用される可能性があります。 コロラド州に複数の個人が傷害のために責任があるとき使用することができる変更された比較欠陥の規則がある。 この規則の下で損害はそのパーセントが50パーセントよりより少しである限り傷つけられた人に割り当てられる欠陥のパーセントによって減らすこ; それが50%を超える場合、負傷した人は損害賠償を回収することができません。

電話303-688-0944私たちのデンバー、キャッスルロックまたはコロラドスプリングス刑事弁護弁護士のいずれかとの相談を要求する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。