Tableauパラメータアクションを使用する3つの創造的な方法

このコンテンツは、O’Reilly Media Inc.が発行した私の著書「Innovative Tableau:100More Tips,Tutorials,and Strategies」から抜粋したものです。,2020,ISBN:978-1492075653. Amazonで本を入手してください。

私はTableauパラメータを無限の用途のためにスイスアーミーナイフとして常に説明してきました。 慣れていない場合、Tableauパラメーターはユーザーが生成した値であり、ユーザーとユーザーが計算フィールドの入力を選択できるようにします。 作成者として、許可された値を一度コーディングしますが、選択された値はユーザー次第です。

これにより、ユーザーは”パラメーターコントロール”を使用して計算フィールドに入力される値を変更することにより、分析をその場で操作できるTableauの柔軟性 Tableau Desktopバージョン2019.2の最新リリースでは、パラメーター値を変更する機能をさらにシームレスにする新しい「パラメーターの変更」ダッシュボードアクションが追加されました。 この記事では、パラメータダッシュボードアクションと三つのアプリケーションを使用して、ユーザーの

:

Premier Tableau eLearning from Playfair Data TV

Tableauパラメータダッシュボードアクションの使用方法

パラメータおよび/またはダッシュボードアクションが初めての場合は、関連記事、Tableauのパラメー

はじめに説明したように、パラメーターは計算フィールド内で使用される値で、ダッシュボードユーザーが制御できます。 ダッシュボードの開発者は、これらの値の周りにいくつかの”パラメータ”を置くことができますが、それ以降、エンドユーザーは計算フィールドにどの値を入力す

入門例として、Sample–Superstoreデータセットの月別売上高の傾向を使用して、それをクリックするとパラメータの現在の値がどのように上書きされるかを示します。

パラメータを作成するには、データペインの空白を右クリックし、”パラメータの作成…”をクリックします。 また、データペインの寸法領域の右上隅にある下向き矢印をクリックして、”パラメータの作成…”をクリックすることもできます。 ここでは、Sample–Superstoreデータセットに新しいパラメータを作成する場合の外観を示します。

最新のタイプのダッシュボードアクションの使用方法を説明するために、Floatのデータ型とAllの許容値を持つパラメータを設定します。

これらの設定は、このパラメータに小数点以下を含む任意の数を設定できることを意味します。 次に、私はあなたに新しいパラメータの現在の値を表示するテキストのマークタイプを持つ単純なシートを設定します。

また、次のステップで数値の形式に一致するように、ドル記号と小数点以下2桁を持つ通貨(標準)に表示される数値の形式を変更しました。 パラメータアクション例パラメータのデフォルトの現在の値は1であるため、$1.00の結果が表示されます。

次は、サンプルデータの売上の尺度を注文日の連続月ごとに見る折れ線グラフを設定し、両方のシートを一緒にダッシュボードに配置します。

パラメータアクションを追加するには、トップナビゲーションの”ダッシュボード”をクリックし、”アクション…”をクリックします。 「アクションの追加」ボタンをクリックすると、新しい「パラメータの変更…」ダッシュボードアクションを含む6つのオプションが表示されます。

[パラメータの変更]をクリックした後に表示されるダイアログボックスで、アクションのソースシート、実行するタイミング、上書きされるパラメータ、値に基づ この例では、折れ線グラフをクリックすると、Parameter ActionsサンプルパラメーターのSales値が上書きされるとします。

折れ線グラフ内の任意の売上値をクリックすると、パラメータシートの現在の値に表示される値が変更されます。

Change Parameter dashboardアクションを設定したので、折れ線グラフ内の値をクリックすると、Parameter Actions Example parameterの現在の値が上書きされます。

この時点では、パラメータアクションをクリアするときに何をすべきかを設定するオプションはありませんが、この最初の例のようにデータ型がFloatの場合は、複数選択を行うことができます。 パラメータアクションの集計は合計であるため、複数のデータポイントをクリックすると、それらが一緒に追加されます。

パラメータアクションを使用してビジュアライゼーション全体で選択を強調表示する

私のお気に入りのユーザーエクスペリエンスの一つは、ユーザーが最も関連性の高いディメンションメンバーを選択できるドロップダウンです。 私はその後、ダッシュボード全体のすべてのチャート上で彼らの選択を強調表示します。 それは、視聴者が視覚の残りの部分の文脈の中で自分自身を向けるのを助けるために”あなたがここにいる”ステッカーを含む良い地図のようなものです。

この戦術は、パラメーターと、パラメーター値に一致するディメンションメンバーと一致しないディメンションメンバーを識別するブール式を使用することによ 詳細については、”ミニマリストのドットプロットでディメンションメンバーを強調表示する方法”を参照してください。

パラメーターアクションの前に、ユーザーが強調表示するディメンションメンバーを選択できるようにパラメーターコントロールを表示する必要があります。 ひどい経験ではありませんが、ダッシュボード上の貴重な不動産を取ってもう一つのドロップダウン。 これは、ユーザーが強調表示する地域を選択できる私のダッシュボード、Super Sample Superstoreの場合でした。

Regionパラメーターのデータ型はStringであり、Sample–Superstoreデータセット内の4つのリージョンそれぞれに許容値があることに注意してください。 この選択は、マップとドットプロット上のディメンションメンバーを強調表示し、他のすべてのビジュアルをその特定のディメンショ この経験は、パラメータアクションを使用して、今はるかにエレガントにすることができます。

シートにパラメーターの許容値と同じディメンションメンバーが含まれている場合はいつでも、そのシートをコントロールシートとして使用して、他のビューに影響を与えるパラメーターを上書きすることができます。 この新機能により、パラメーターの値を上書きするディメンションメンバーを含むテキストテーブル以外のリテラルコントロールシートを作成できます。

他のビジュアライゼーションをコントロールシートとして使用することもできます。 スーパーサンプルスーパーストアダッシュボード上のすべてのマップには地域ディメンションが含まれているため、上部のマップを使用して、他のビューを強調表示してフィルタリングするために使用されているパラメータ値を上書きすることができます。 コントロールシートにパラメーターの許容値にディメンションメンバーが含まれていない場合は、コントロールシートの[詳細マーク]カードにディメンションを追加するだけです。

ここでは、私の変更パラメータダッシュボードアクションの設定は、私のコントロールシートとして上部に私のマップを使用する方法です。

これで、マップ上の状態をクリックするだけで、パラメータ値に状態がある地域が入力されます。 このパラメータは、他のすべてのビューをフィルタリングして強調表示するために使用されます。 ここでは、中央地域のマップ内の任意の場所をクリックして、東から中央にダッシュボードのフォーカスを変更した後にどのように見えるかです。

この例では、ビューをフィルタリングするためにパラメータを使用していますが、フィルタリングは従来のフィルタダッシュボードアクションを使用して行うこともできることに注意してください。 ただし、強調表示のユーザーエクスペリエンスは異なります。 これは、他のすべてがフェードアウトされている間に、特定のディメンションメンバーを目立たせるハイライトダッシュボードアクションのようなものではありません。

Regionパラメータの許容値を上書きしています。 次に、すべてのドットプロットのカラーマークカードに式”Region=Region Parameter”が配置された計算フィールドがあります。 RegionディメンションメンバーがRegionパラメーターで選択された許容値と一致するたびに、Trueに分類されて一意の色が取得され、それ以外のすべてがFalseに分類され、二次的な色が取得されます。 だから、代わりにハイライトの二つの異なる色;より恒久的な蛍光ペンのユーザーエクスペリエンスのようなもの。

▪関連ビデオ:Tableauでディメンションメンバーを強調表示する方法

このヒントの最後のメモ。 残念ながら、パラメータのデータ型が文字列の場合、上記の導入例で行ったように複数選択を行うことはできません。 Tableauは、パラメーターの現在の値を上書きするために使用されるディメンションメンバーを選択するときに、常に最後の選択を延期します。 私は複数選択、文字列パラメータは、将来のリリースを待たなければならないと仮定します!

複数のディメンションメンバーを選択する必要がある場合は、setアクションを使用する方がよい場合があります。 Playfair Data TVの無料のフルレングスのビデオ、ダッシュボードアクションの紹介に例があります。

パラメータアクションを使用してボタンをクリックするだけで日付部分を変更する

パラメータダッシュボードアクションの作成に使用するパラメータの許容値と一致するディメンションメンバーを持つディメンションがデータセットに含まれていない場合でも、コントロールシートを作成することもできます。

パラメーターは、同じブック内の複数のデータ接続で動作するという点で一意です。

これは、パラメーターの値を上書きするディメンションメンバーを含むコントロールシートをExcelで作成し、そのExcelシートにセカンダリデータソースとして接続し、それを使用してコントロールシートを作成し、新しく作成されたコントロールシートとブック内の他のワークシートとの間で動作するパラメータアクションを設定できることを意味します。

セカンダリデータソースからコントロールシートを作成する追加の手順を実行する必要がある理由の例を次に示します。 私のお気に入りのユーザーエクスペリエンスのもう一つは、視聴者が折れ線グラフの日付部分を日、週、月、年に切り替える手段を提供することです。

ただし、テキストマークカードに単純に追加して、異なる日付部分を持つコントロールシートを作成できるディメンションはありません。 問題をより困難にするには、DATETRUNCなどの特定の日付関数を使用するために、日付部分を小文字にする必要があります。

←関連動画: パラメーターアクションを使用してTableauで日付部分を変更する方法

この戦術に慣れていない場合は、データ型がStringのパラメーターが必要で、許容される値は 重要なことは、値を小文字にして、2番目のステップと統合したときに機能するようにすることです。 値としての表示は、任意のケースを持つことができます。

次のステップでは、パラメータで選択されているレベルでデータセットの日付を切り捨てる計算フィールドを設定します。 Sample-SuperstoreデータセットのOrder Dateフィールドの式は、

DATETRUNCです(,)

ここで、この投稿の入門例の折れ線グラフの注文日付ディメンションを、DATETRUNC計算フィールドを使用して新しく作成された日付に置き換えると、ユーザーは日付 たとえば、パラメータコントロールから年の日付部分を選択すると、折れ線グラフは月ごとの売上から年ごとの売上に更新されます。

ただ、最初のヒントで私たちの蛍光ペンの例のように、この経験は今、パラメータアクションとコントロールシートで改善することができます。

まず、Tableauでコントロールシートを作成するために使用される2列のExcelスプレッドシートを設定します。

次に、データソースに接続し、コントロールシートを作成します。

コントロールシートの重要な点は、パラメーターを上書きするディメンションメンバーを含むディメンションがビューのどこかに存在する必要がある この例では、Display Asフィールドを使用してボタンを見やすくしましたが、ValueフィールドをDetail Marksカードに配置して、後でパラメータアクションを設定するときにオプ

ここで、このコントロールシートを折れ線グラフと同じダッシュボードに配置し、日付部分の選択を制御するパラメータダッシュボードの変更アクションを設定します。

コントロールシートのボタンをクリックするだけで、折れ線グラフの切り捨てを制御している計算フィールドの日付部分が上書きされます。 Wボタンをクリックして日付の部分を年から週に変更した後の様子は次のとおりです。

パラメータアクションを使用して計算フィールドでメジャー名を使用する

私のお気に入りの戦術のもう一つは、チャートに表示されているメジャーをユー コントロールシート上のディメンションメンバーをクリックするだけで、表示されるメジャーを変更するパラメータアクションを設定できるため、この戦術はさらに優れています。

まず、選択するメジャーの名前を含むパラメータを設定します。 ここでは、Sample–Superstoreデータセットに付属するすべてのメジャーを使用して構築されたパラメータを示します。

次に、各パラメーター値が選択されたときに何を表示するかをTableauに指示する計算フィールドを設定します。

次に、新しく作成された計算メジャーを使用してグラフを作成します。 説明するために、最初の例で使用した折れ線グラフのSalesメジャーを、Select Measure Exampleパラメーターで制御される新しい計算フィールドに置き換えます。 パラメーターコントロールで売上ではなく利益を選択すると、折れ線グラフが更新され、選択したメジャーが表示されます。

今回は、コントロールシートのために、私は特別な、生成されたフィールド”メジャー名”を使用します。 メジャー名は、対応するメジャー値と一緒に使用する必要があります。 コントロールシートに値を表示したくないのですが、詳細マークカードにフィールドを追加してメジャー名を表示することができます。

コントロールシートに含まれたくないメジャー名がある場合は、単にメジャー値シェルフからそれらを削除します。 フィルタシェルフにフィルタを作成したレコードとメジャー選択フィールドの数を削除しました。

これで、このコントロールシートをダッシュボードに追加し、パラメータアクションを設定する準備が整いました。

コントロールシートからメジャー名をクリックすると、パラメーターの値が上書きされ、グラフに表示するメジャーをTableauに指示する計算フィールドが設定されます。 売上メジャーと月の日付部分をクリックした後のビューの表示方法は次のとおりです。

そうです–計算フィールド内で生成されたメジャー名フィールドを技術的に使用しました! これは、パラメーターアクションが追加される前にTableauでは不可能だった数少ないことの一つでした。

♦関連ビデオ:Tableauの計算フィールドでメジャー名を使用する方法

パラメーターアクションとは何か、それらを使用して私のお気に入りの戦術の三つを実装する方法については、裸の骨の基礎だけを示しましたが、ここから構築する方法は非常に多くあります。

私のお気に入りのアイデアの一つは、パラメータ値を制御するためにボタンスワップと組み合わせてこれらの例を使用することです。 コントロールシートはテキストではなく一連のアイコンになり、ボタンの交換では、どのボタンがクリックされたかを視覚的に示すことができます。

Tableauが無限に柔軟でウェブのような体験に近づいていくにつれて、これらは非常にエキサイティングな可能性です。

読んでくれてありがとう
–ライアン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。