Windows XPでタスクスケジューラツールを使用してディスクデフラグツールを自動化する方法

詳細情報

1. コントロールパネルを開く
2. 3.スケジュールされたタスク
をダブルクリックします。 スケジュールされたタスクの追加
4をダブルクリックします。 スケジュールされたタスクウィザードダイアログで、次へ
5をクリックします。 参照
6をクリックします。 スケジュールするプログラムの選択ダイアログで、windows\system32フォルダ
7に移動します。 デフラグを選択します。
8. 開く
9をクリックします。 スケジュールされたタスクウィザードダイアログで、スケジュールされたタスクの名前(ディスクデフラグツールなど)
10を入力します。 このタスクの実行で、ディスクデフラグツールを
11を実行する頻度を選択します。 次へ
12をクリックします。 ディスクデフラグツールのスケジュールされたタスクを実行する時間を設定します。 これは、コンピュータがオンになっているが、大量に使用していない時間でなければなりません。
13. ディスクデフラグツールのスケジュールされたタスクを実行する頻度を選択します(毎日、平日、または<N>日ごと、<N>はスケジュールされた実行の間の日数です)
14。 次へ
15をクリックします。 ディスクデフラグツールのスケジュールされたタスクを実行するユーザー名を入力します。 メモ: このユーザーは、ローカルマシンの管理者である必要があります。
16. 前の手順で入力したユーザーのパスワードを入力します
17。 ユーザー
18のパスワードを確認します。 次へ
19をクリックします。 [完了
20]をクリックしたときに、このタスクの[詳細プロパティを開く]をオンにします。 終了
21をクリックします。 [実行]テキストボックスに、デフラグのフルパスとコマンドが表示されます。exe”を起動します。 デフォルトでは、このパスは次のようになりますC:\WINDOWS\SYSTEM32\defrag…..
22. [実行]テキストボックスのコマンドに、デフラグするドライブのドライブ文字を追加します。 デフォルトのインストールでは、Runコマンドは次のようになります:
C:\WINDOWS\SYSTEM32\defrag…..
23. クリックOK
24. アカウント情報の設定ダイアログで、実行
25にリストされているユーザーのパスワードを入力して確認します。 OK
ディスクデフラグツールは、スケジュールされたタスクを作成したときに指定したスケジュールで指定したユーザーとして実行されます。
Windows XPでスケジュールされたタスクを使用する方法の詳細については、マイクロソフトサポート技術情報の次の資料を参照してください。
: Windows XPでのタスクのスケジュール
Windowsでのディスクデフラグツールの制限の詳細については、マイクロソフトサポート技術情報の次の資料を参照してくださexeツールは、マイクロソフトサポート技術情報の次の資料を参照してください。
新しいコマンドラインデフラグの説明。exeは、Windows XP

に含まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。